愛すべき海外コスメ

買ったからにはしっかり使う。そんな人になりたい。

✨塗る宝石✨pat mcgrath


f:id:OyookooO:20210403165009j:plain

いやもう何と言って良いのやら。

特に右の2色。

右上は黄味の水色。
チラチラした微細ラメが輝く明るいカラー。

右下はデュオクローム
ブラウンとグリーンの落ち着いた輝きで、こちらもチラチラの微細ラメ。

このラメ感こそがpat mcgrathの醍醐味ですね。
ラメ落ちしないのもすごい。私としてはそれめっちゃポイント高いです。

左の2色はラメというよりメタリックとかサテンと言われる、粒を感じないカラー。

左上は右となじみ抜群のイエローゴールド。
これは本当によく考えられてるなーと嬉しくなる相性抜群の色なんです。白じゃなくて黄色なのが良い!

左下は深み出しや締め色に使える紫。
紫って幅広くて色んな紫があると思うんですが、これは黒を含んでいるのに澄んだ美しい紫。和の紫ではないです。


私は派手なメイクはしない方なので絶対にブラウン系の色をトランジションカラーとして使うしこれらも薄ーくつける程度なんですが、それでも特別な輝きは充分感じられます。

すごいきれい。

すっごいきれいなんですよぅ!!!

持ってるだけで嬉しい。この色好きー。

バレエの発表会でもあればガッツリと塗って贅沢な輝きを楽しみたいところです。

まぁ習ったことすらないけど。


※※※※※


こんな派手なパレットなのに、私はこれぐらいにしか使えない。笑
f:id:OyookooO:20210416075850j:plain
一応全色使ってます。これでも充分きれいですよ〜✨

💕可愛さ爆発💕pat mcgrath

f:id:OyookooO:20210413173555j:plain

patさん、こんなのもあるのね〜💕

これはもう文句なしに可愛いの一言でしょう。

右上のピンクとその鏡像をご覧ください。ピンクベースにゴールドラメ!

私がこの中で1番気に入ったのが左下です。可愛さもありつつ大人なピンクで、これをどうにかうまく使ってピンクメイクに持っていきたいところ。

茶色とゴールドは普通。
普通っていうか、もちろん特別シェイドならではの煌めきはあるんですが想像していた範囲内の色ってことです。絶対セーフ。使える色です。

これはイエベ春さんのお得意パレットじゃないかな。私はこのパレットだけで仕上げたら浮く。なので暗めのカラーとごちゃごちゃして使いたいと思います。

これも楽しみ〜💕

※※※※※

この可愛さが絶対に伝わらない自信があるのですが、一応メイクしたので載せます。

f:id:OyookooO:20210415082418j:plain

ミッドナイトサンからトランジションカラーをお借りしまして、それ以外はこのパレットで仕上げました。右上のピンクね、まぶたに乗せた瞬間に息をのむほど輝きがすごかったです。史上最強の輝きかも。

mother ship Ⅲでヘイローアイ

f:id:OyookooO:20210414084736j:plain

f:id:OyookooO:20210414084753j:plain
f:id:OyookooO:20210414084803j:plain

ミッドナイトサンのお力をお借りしました。
クリースと、黒目上のゴールドはミッドナイトサンから。

mother ship Ⅲ (サブバーシブ)の紫でヘイローアイに。
下段真ん中の黒で目尻側に深み足し。

いやー、楽しい!
サブバーシブを投入すると一気にガツンとパンチが効きます。
物足りないな、飽きてきたな、刺激が欲しいな、濃いメイクしたいな。という日にはコレですよ。

かなり手強い感のあるパレットですけど、こうでなくちゃ!っていう色がたくさんあって楽しいです。

ミッドナイトサンは私の味方。
使いやすいし、安心できる。

サブバーシブは良きライバルみたいな感覚かな。
魅力もある一方で一筋縄ではいかない難しさも。

やっぱり基本的にはミッドナイトサンが好きです。何も考えず、構えずに使えるから。

たまにはガツンといったろか!という日にこのパレットを開けるのが楽しい、っていう位置付けですね。

ちなみに…【1-2】の赤紫はヤバい。使えないかも。ピンクラメザクザクで似合う気がしないです。捨て色にはしたくないけど、多分手が伸びない…。それと右下の白もザリザリしてて絶対ラメ落ちすると思う、試してないけど。でもこれ実はピンクラメで塗るとピンクで可愛いんですよ。この2色、ヤバいな。

pat mcgrath:mother ship Ⅲ 降臨

来ましたよーーー❣️
はい、どーん↓↓↓

f:id:OyookooO:20210413094036j:plain

はい好きー。

と言っても私はこれを日常使いできるか分からないです。
ミッドナイトサンみたいにそのパレットだけで仕上げられるかも分からないし。

ただ無難なブラウンメイクにアクセントとして使いたいなーと思って選びました。

特にね、見てくださいこの特別シェイド!

f:id:OyookooO:20210413094345j:plain

角度によって色が違って見えるの。
左上のゴールドも暗めだしモスグリーンにも見えたり。
左下は言わずもがな。何色ですか?青?紫?ピンク?

右のピンクも白もキラキラして、もーーーたまらん✨

とは言ってもさっき届いたところで美しくてさわれていないんですよ。毎度のことですが。もうちょっと眺めてから触ってみます。このドキドキが醍醐味だわ〜。

pat mcgrath:mother shipまとめ

私なんかがまとめるのはおこがましいのですが、散々悩んで比較して…とした中で得た知識や印象を記しておきたいと思います。

mother ship Ⅰ
f:id:OyookooO:20210410214446j:plain
一見クールトーンですがイエベの方でも使いやすいとの意見あり。
私は右の2色に惹かれました。上は可愛さの暴力、下は青ラメの引力。
左の6色もとても使いやすいという意見もあり、もう右2色のために買ってもいいんじゃないかなと。左も使いやすいとのことだし。


mother ship Ⅱ
f:id:OyookooO:20210410214900j:plain
いや緑だなオイ。
というのが第一印象。
1とは打って変わってウォームトーンですね。ごくごくニュートラルなトーンが好きな私に言わせると暑苦しい色味ということになりますが、ウォームトーン好きな方ならお気に入りになるのでは。


mother ship Ⅲ
f:id:OyookooO:20210410215224j:plain
攻めた配色。
どうせpatmcgrathを買うならこれぐらいのやついっとかないと。なやつです。

mother ship Ⅳ
f:id:OyookooO:20210410215407j:plain
mother shipバレットの中で唯一特別シェイドがないパレット。色味はかなり好きなんですが、やっぱり特別シェイドが欲しいでしょ。


mother ship Ⅴ
f:id:OyookooO:20210410215557j:plain
人気ですよね。知ってます。
でもこういう色は多分すでに持ってるんですよ。だからもういいかな。


mother ship Ⅵ
f:id:OyookooO:20210410220115j:plain
これを買った自分を褒めたい。
全イエベ秋さんに捧げます。


mother ship Ⅶ
f:id:OyookooO:20210410220304j:plain
これも大人気のパレット。
完売完売また完売。
見た目は地味だけど使いやすいしめっちゃ可愛いとの意見多数。ただ、既存パレットからのリピート色が多いのが難点。


mother ship Ⅷ
f:id:OyookooO:20210410220439j:plain
pat mcgrath初のマルチクローム
めちゃくちゃきれいです。
一番濃いピンクは目の周りに使えない(FDIが認可しない)色素らしいですが、お構いなしにアイシャドウとして使うのが主流ですかね。


…というわけで一応私の印象を交えて記録しておきました。

またまたミッドナイトサン

f:id:OyookooO:20210410170954j:plain
f:id:OyookooO:20210410171127j:plain

もうどのように組み合わせてもキレイにしかならないんですけど、今日のメイクは特に気に入ったので備忘録。

左の6色全部と右下の白を使いました。
マット3色でクリースを作って、
眼球あたりには【1-2】の茶色、
目尻側を緑でぼかす。
目頭の明るさを出すのに白、
右下のキラキラの白を黒目上に。
最後に左下のブラウンで締め色。

下まぶたは左上2色のグラデです。

普段使いな感じにしたかったのでオレンジとか紫は今日はお休みしました。

めちゃくちゃ使いやすくてこのパレットばっかり使ってます!

マザーシップパレットの3もまだ届いてないのに1も欲しくなる始末。
そして今セールやってる始末。←

ミッドナイトサン無限の可能性

f:id:OyookooO:20210408170845j:plain

f:id:OyookooO:20210408171013j:plain

ミッドナイトサンしか使ってないのになぜかクールトーンに仕上がった日。
紫をベースに上から色々重ねたらこうなりました。

こんな秋色パレットでも紫の使い方ひとつでクールトーンになるなんて驚き。

それもゴリゴリの怖めのクールではなく、どこか明るさのあるクールさ。ミッドナイトサン(白夜)の名前そのものですよ。この紫が名前の由来でしょう。

この紫がもし濃い紫だったらどう使っても同じ雰囲気に仕上がるだろうし、ワントーンになってしまっただろうなと思います。

いやー、素晴らしいわ。よく考えられてる。

…最初はこの紫が苦手だと思ってたのにね。実はこの色が肝でしたね。